スポンサーリンク

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!Huluで見逃し配信中!

ウチの娘は彼氏ができない ドラマ

うちの娘は彼氏ができない

久々に主演でテレビに登場した菅野美穂の連続ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系、水曜午後10時)第一話が1月13日に放送され、平均視聴率10.3%を記録。

 

2桁スタートだから、及第点でしょう。

ドラマは、NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』を手がけた北川悦吏子の脚本でオリジナル作品。

 

恋愛小説家である少女のように天然な母・水無瀬碧(みなせ・あおい、菅野美穂)と、母を放っておけないしっかり者でオタクな娘(そら、浜辺美波)、それぞれの恋愛模様を描くラブストーリー。

スポンサーリンク

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!第一話のあらすじ

菅野美穂

第一話

シングルマザーとして娘を育てながら連載を抱える小説家・水無瀬碧(菅野美穂)

 

ある日、こん身の自身初ミステリーが大コケしたことで、編集長から連載の打ち切りを告げられる。

 

意気消沈する中、新しく担当についた雰囲気イケメンの編集者・橘漱石(川上洋平)からは次回作にと久々の恋愛小説を発注される。

 

しかし、碧は恋愛から遠ざかっている自分に自信をなくしていた。

一方、地元商店街の老舗鯛焼き屋『おだや』でアルバイトをする娘・空(浜辺美波)

 

4代目店主で碧の幼なじみ・ゴンちゃん(沢村一樹)に、いくつになっても危なっかしい母の心配を漏らしていた。

 

訳あって碧と同じ独身、幼い時からの腐れ縁のゴンちゃんは、友達のような相棒のような、仲良し母娘の碧と空を温かく見守ってきた。

 

そんな中、水無瀬家を揺るがす心ときめく運命的出会いが碧と空に訪れようとしていた。

さらに空は、大学きっての陽キャラ・モテ男で、同じゼミの入野光(岡田健史)の一言についカッとなり、ある事件を起こしてしまう……という展開。

ウチの娘は、彼氏ができない!!を見た、みんなの感想