スポンサーリンク

松山英樹・米ツアー7年連続『ツアー選手権』出場の快挙を達成!

ゴルフ場 男子ゴルフ

2020年8月31日(日本時間)米イリノイ州オリンピアフィールド・オリンピアフィールドCCで米男子ツアー『BMW選手権』最終日が行われた。

 

松山英樹が3位タイに入り、7年連続のプレーオフ最終戦『ツアー選手権』出場を決めた。

惜しくも3年ぶりの米ツアー優勝は成らなかったが、『ツアー選手権』への7年連続出場は偉業だ。

 

2007年に始まったプレーオフ史上、連続7年以上出場は過去4人しかいない。

松山は5人目で、もちろん日本人初だ。

スポンサーリンク

松山英樹『BMW選手権』で3年ぶりの優勝を逃し惜しくも3位タイ

レクサス

首位タイで出た世界ランク27位の松山英樹(レクサス)は3位タイとなり、3年ぶりのツアー優勝はならなかった。

3バーディ、2ボギーの69で回り、通算2アンダーの278。

 

通算4アンダーで並んだ世界ランク1位アメリカのダスティン・ジョンソン、同2位スペインのジョン・ラームには2打及ばなかった。

 

プレーオフにもつれ込んだ優勝争い。

一ホール目で難しい20メートルのバーディパットをねじ込んだラームの頭上に栄冠は輝いた。

 

最終組の松山は2番パー4で、ラフからの第2打を2メートルに寄せて最初のバーディを奪い、幸先良いスタートを切った。

 

続く3番パー4でボギーをたたいたが、6番パー3でグリーンの外から4メートルのパットを決めて2つ目のバーディー。

首位と1打差で折り返した。

 

スコアを伸ばしたい後半だったが、11番パー4でボギーを叩く。

第3打は高いアゴがすぐ目の前にあるバンカーショットだった。

 

左膝を曲げて打たなければならない、足場の悪い状態でのショットを強いられ、寄せられずに2パット。

 

それでも15番パー5では、イーグルこそ逃したが、わずか20センチほどのバーディーパットを難なく沈めるなど終盤まで優勝争いに加わった。

 

先にホールアウトしたラームがスコアを伸ばしていて、2打差を追って迎えた最終18番パー4の第2打をグリーン手前のバンカーに入れたところで、残念ながら優勝の可能性は消滅した。

 

ホールアウト後は収穫と課題を口にした。

「ショットが最後まで、思うようにコントロールできなかった中で、ここまで粘れたのはすごい収穫だ。

勝つためにはパットもそうですけど、それ以上にショット力が、もっともっと大事になるというのを痛感させられた」

 

前半でティーショットが右にいくことが多かったが、こう分析していた。

「1番や3番の、左がダメというところで、嫌がって右に逃げてしまった。

思い切って振っていけないところが、最後までアイアンにもつながっていた。

そこをしっかりと振っていければ、優勝争いをもっとできるんじゃないかなと思う」

 

賞金上位30人による『フェデックス・カップ・プレーオフの最終戦』。

9月4日からの『ツアー選手権』への出場権は手にした。

 

同選手権総合優勝者は1500万ドル:約16億5000万円を獲得する。

 

「まずはショットを立て直さないと、コンスタントに上位にいくことはないと思うので、そこをしっかりとやりたい」

と、いつものように切り替えを忘れない。

アメリカPGAの『フェデックスカップ』とは?

アメリカ

アメリカのPGAは10月に新シーズン入りし、翌年の8月までがレギュラーシーズンとなる。

ツアー出場選手には各大会での最終順位に応じてFedEx Cupポイント(以下:ポイント)が与えられる。

 

なおカットラインに届かず予選落ちとなった場合は0ポイントとなる。

現在のツアーでは、通常の大会は優勝者に500ポイントが付与される。

 

そして4つのメジャー大会とプレーヤーズ選手権は600ポイント、世界ゴルフ選手権:WGCは550ポイントが加算される。

 

また、チューリッヒ・クラシックのみ400点、全英オープンと世界ゴルフ選手権の同週に行われるPGAツアーについては300点が与えられる仕組みだ。

 

そのポイントを基にフェデックスカップ・プレーオフシリーズに突入する。

シリーズの3試合は下記のようになっている。

 

・『ノーザントラスト:マサチューセッツ州TPCボストン』
・『BMW選手権:イリノイ州オリンピアフィールズCC』
・『ツアー選手権:ジョージア州イーストレイクGC』

 

フェデックスカップ・プレーオフシリーズは、言わばサバイバル戦だ。

誰でも出場できるわけではなく、ポイントの上位者に限られ、さらに試合が進む事にカットされる。

 

『ノーザントラスト』に出場できるのは、フェデックスカップポイント上位125名。

『BMW選手権』では上位70名に出場選手は絞られる。

最終戦となる『ツアー選手権』には上位30名だけが進出できる。

 

最終戦の『ツアー選手権』では、シリーズ第2戦までに獲得しているFedEx Cupポイントに応じて、スストローク差を付けた状態から初日のプレーをスタートする。

 

したがって『ツアー選手権』優勝者が自動的にフェデックスカップ総合優勝となる仕組みだ。

なお、シリーズの総合優勝賞金が日本円で約16億5000万円というからただただ、驚くばかりだ。

 

松山英樹は、今年でこのサバイバル戦を7年連続で最終戦まで戦うことになった。

あまり注目されていないが、実は凄いことなのだ。