スポンサーリンク

ゴルフは何mmの雨がプレー中止の判断基準か?5㎜を超えると厳しい!

ゴルフプレー

基本的にゴルフは雨の中でも決行するスポーツです。

だが、降水量が1時間に4mmを超えるとゴルフはかなりきつくなります。

5㎜を超えると楽しいという感覚はなくなるでしょう。

 

雨量1mmとはどの程度の体感かなど、天気予報で表示される雨量の目安を知っていれば、心の準備や雨に備えた具体的な用意もできます。

 

そして、雨の日のゴルフにはどんなものを用意すべきなのか?

雨量によってフェアウェイやバンカーはどのように変化するのだろう?

これらを知って、雨の日のゴルフに対処してください。

スポンサーリンク
アドセンスディスプレイ広告

雨の日のゴルフに備えて雨量の体感目安を知っておこう!

1mm未満の雨ならゴルフのプレーには、さほど影響はありません。

体感的にも雨はほとんど降っていないと思う方もいるレベルです。

 

降水量が2mmを超えると気になって、ゴルフのプレーにも影響が出ます。

1mmも2mmもそれほど変わらないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、体感や状態はかなり違ってきます。

 

降水量が1時間に2mmの場合は雨の降っている様子が、はっきりとわかります。

降り方としては少し弱いが、傘がないと濡れてしまうレベルです。

降水量2mmで体感とゴルフへの影響は?

降水量2mmは、体感的には気になりますが、ゴルフのプレーにはそれほど問題ありません。

ただし、長時間屋外にいるので間違いなく濡れることになりますね。

 

ギリギリ傘だけで出来るかな?のレベルです。

レインウェアがあれば、なお良いでしょう。

 

スタート時点から降っていたと仮定して4、5ホールプレーが進むとグリップが滑りやすくなり、スイングでグローブが気になるでしょう。

 

またバンカー内の砂は水を含み、いつもよりも固くなり、グリーンも徐々に遅くなります。

ただし、2mm程度の雨であれば、よほどのくぼみなどがない限り、フェアウエーに水たまりができる可能性は低いでしょう。

降水量は天気予報でどのように表示されるか?

天気予報で1mmから2mmは『小雨』、3mmになると『弱雨』と表示されます。

4mmになると表示は『雨』です。

 

降水量が1時間に4mmを超えるとゴルフはかなりきつくなり、5㎜を超えるとさらに厳しさは増してきます。

 

プレーを中止するかどうかはその時の状況など、個人の判断になりますから何とも言えませんが、5mmを超える雨は楽しいという感覚からほど遠い状態です。

 

プレー続行には傘、レインウエア、グローブの替えなどしっかりと雨に備えた用意が必要になります。

雨や汗などの水分を含むことでグリップ力が増すグローブも販売されています。

 

雨の日だけでなく、手に汗をかく夏場でも活躍してくれるグローブです。

試してみる価値はありそうです。

 

帽子も必需品ですよ。

できればハット型のつば広が良いでしょう。

降水量7mmを超えるとコンペ続行か中かの判断を迫られる

7mm、8mmに達すると雨脚はかなり強くなり、コンペ開催中なら幹事さんは強行するか中止にするか大いに悩むところですね。

ちなみに、小学校の運動会は2mmから3mmで中止の判断を迫られるケースが多いようです。

 

意外なのは10mm以上で初めて『やや強い雨』になります。

しかし、10mmで1、2ホールならまだしも、18ホールラウンドとなったらこれはもう大変だと思いますよ。

 

以下が気象庁で決められた大雨の尺度です。

これに該当する日はたとえ、ゴルフ場がクローズしていなくともプレーは控えた方が良いでしょう。

 

降水量はどのようにして測るのか?

降水量とは降った雨がどこにも流れ出る事はなく、その場所に溜まった場合の水の深さを表し、単位はmm(ミリメートル)が使われます。

 

気象台が発表する降水量には10分、1時間、12時間などがあります。

前1時間の降水量が一般的で12時の降水量が8mmとなっていた場合には、11時から12時までの間に観測された降水量が8mmという事になります。

 

降水量の観測には、転倒『桝型』雨量計が使用されています。

転倒桝型雨量計には雨をはかる0.5mmの『桝』が二つあり、『桝』に雨が0.5mmたまると1回転倒し降水量0.5ミリとして観測されます。

 

空から降ってくるのは雨の他に雪、みぞれ、あられ、ひょう等もあります。

雪やあられは固体の状態で降ってきますので、電熱で溶かして水の状態に戻してから降水量を観測します。