スポンサーリンク

女子ゴルフプラチナ世代、西村優菜、吉田優利、古江彩佳はどんな人?

西村優菜 女子ゴルフ

女子ゴルフのプラチナ世代が熱い!

西村優菜選手、吉田優利選手、古江彩佳選手らを擁し、先輩格の黄金世代を激しく追い上げる。

 

現在、日本女子ゴルフツアーでは四つの若手世代が注目を浴びている。

最も人数が多く注目度が高いのは、渋野日向子選手小祝さくら選手らで有名な黄金世代ですね。

 

黄金世代は1998年4月から1999年3月までに生まれた選手を指します。

人数も勝利数も他を圧倒的しています。

 

宮里藍さんのように…西村優菜の原点/いまどうしてる?【国内女子ツアー LPGA】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

【西村優菜選手】

 

そして、2000年度の2000年4月から2001年3月に生まれを女子プロを『プラチナ世代』と呼びます。

プラチナ世代を牽引するのが、身長150cmと小柄な西村優菜選手だ。

 

この記事では、プラチナ世代の選手について特集しました。

あなたの知らないマル秘情報をきっと発見できますよ。

スポンサーリンク
アドセンスディスプレイ広告

女子ゴルフプラチナ世代の西村優菜選手とはどんな人?

西村優菜

身長150cmの小柄でありながらプロ通算4勝を挙げる西村優菜選手は、プラチナ世代を代表するトッププロ。

いつもニコニコ笑顔を絶やさない小顔美人で、とても可愛いですね。

 

ルーキーイヤーの2020年11月には『樋口久子三菱電機レディスゴルフトーナメント』で早くもプロ初優勝を飾り、俄然注目される選手となった。

 

しかも、最終日に6打差を逆転するミラクルを起こしての劇的初勝利。

大逆転の相手があの黄金世代・勝みなみ選手だからインパクトは相当なものだった。

 

 

「あの小柄な体のどこにそんなパワーが」

とゴルフ界を騒然とさせたのは記憶に新しいところ。

 

その後は2021年5月に行われた『ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ』でプロ通算2勝目。

これは国内メジャー初制覇でもありました。

 

9月の『住友生命Vitalityレディス東海クラシック』ではプロ通算3勝目、今年2勝目を挙げてしまう。

シーズン当初に掲げた、複数回優勝の目標を軽々と達成してしまったのだからスゴイ。

 

勢いは止まらない。

何と翌週の『ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント』では、自身初の連続優勝を飾ったのです。

 

そして3週連続優勝をかけて臨んだのが9月30日からの『日本女子オープン』。

初日は1アンダーで30位タイ。

 

二日目は悪天候で中止。

順延となり、最終ラウンドは月曜日に行われる事になった。

 

土曜日に行われた第二ラウンドで爆発した。

驚異的な8アンダーでラウンドし、2位の西郷真央選手や勝みなみ選手に2打差をつけて単独首位に立った。

 

誰もが「今年の女子オープンは西村優菜か」と思ったが、3日目は因縁の勝みなみ選手に逆転を許し、単独3位に後退。

 

10月4日の月曜日に行われた最終日は、アンダパーが6選手だけしかいない難しいコースコンデションにスコアを崩し、通算3アンダーの4位に終わった。

 

だが、ミレニアム世代の代表である西村優菜選手は強い、成長した。

多くのファンやゴルフ関係者に改めて、そう印象付けた女子ゴルフの最高峰『日本女子オープン』でした。

 

西村優菜選手はお父さんの影響で5歳のときにゴルフを始めたそうです。

そして、7歳のときに『サントリーレディス』で見た宮里藍さんのプレーに感動し、プロを目指した。

 

中学になると著しい成長を遂げます。

3年生で大阪府中学校ゴルフ2位の成績を残している。

 

大商大高校に進学すると1年生でツアへ参戦するまでに成長。

2016年のデビュー戦『日本女子オープン』でいきなり6位入賞だから、周囲もビックリ。

 

このころから、小柄な西村選手への注目は大きくなっていく。

2017年には高校2年ながらナショナルチーム入りを果たしています。

 

2019年3月の『リバースデールカップ』では日本人初の優勝を飾ってしまうからスゴイのだ。

そして、同年11月にプロテストに一発合格。

 

 

身長150cmと小柄な西村優菜選手のセッティングは独特ですね。

アイアンは5番も4番もキャディーバッグに入れません。

 

勿論、3番アイアンもです。

代わりに通常はウッドが5本入っています。

 

・ドライバー

・3番ウッド

・5番ウッド

・7番ウッド

・9番ウッド

ですね。

 

プロの9番ウッド使用は珍しいと言えるでしょう。

ちなみにドラバーの平均飛距離は230ヤード。

 

7番アイアンの飛距離は約140ヤード。

秘密兵器は9番ウッドと6番ユーティリティで、それぞれ170ヤードと160ヤードで使い分けるようですね。

女子ゴルフ『プラチナ世代』西村優菜選手のプロフィール

西村優菜

【西村優菜選手のプロフィール】

・所属先       スターツ

・国籍        日本

・出身地        大阪府堺市

・ツアー通算勝利   4勝(うち国内メジャー1勝)

・出身校       大阪商業大学高等学校

・身長        150cm 

・体重        50kg

・プロ転向      2020年1月1日LPGA入会(92期生)

・血液型       O型

・得意クラブ     ショートアイアン

・生年月日      2000年8月4日

・趣味        音楽鑑賞、スポーツ観戦

 

西村優菜選手はインスタグラムをやっている?URLは?

西村選手のインスタ

小柄な小顔美人プロゴルファ、西村優菜(にしむらゆな)選手のインスタグラムには、8万2千人を超えるフォロワーがいます。

さすがの人気ですね。

 

西村選手のインスタグラムを見ていると彼女が強くなるのと比例して、容姿もアカ抜けていくのが良く分かりますよ。

 

早速、インスタを見てみましょう。

 

西村優菜選手のインスタはこちらからどうぞ!

女子ゴルフプラチナ世代の吉田優利選手とはどんな人?


吉田優利選手の初ラウンドは10歳の時でした。

そして、その2年後、小学校6年生で関東小学生大会で優勝!してしまうのだから、これはもう本当にスゴイ!❣

 

父・英隆さんの影響だったようですが10歳でゴルフを始めるのは、最近のプロゴルファでは遅い方ですね。

 

だが、成長は前述したように驚くべきスピードでした。

その後、吉田選手はゴルフ部のある中高一貫校の私立麗澤中学・高校に進学。

 

麗澤中学・高校には自前のゴルフ場があって、プロを目指すジュニアには素晴らしい環境と言えるでしょう。

 

高校卒業後は日本ウェルネススポーツ大学へ進学しました。

こちらもゴルフ部があり現役のプロが監督を務める、恵まれた環境が用意されています。

 

父の英隆さんは都内で居酒屋を営んでいるようです。

小学生の子どもにゴルフをさせ、私立の中高に通わせているところを見ると経済的には、とても裕福な家庭だと思われます。

 

色白で可愛いと評判の吉田優利選手には妹がいて、やはりプロゴルファを目指しているようですね。

 

姉・優利さんの影響でゴルフを始めたと言う妹さんも負けず劣らずの色白で、可愛い系のお嬢さんのようです。

 

しかも、お姉さんと同じくジュニア世界大会の日本代表に選ばれる腕前。

近い将来、美人姉妹のプロゴルファが誕生することは間違いなさそうですね。

女子ゴルフプラチナ世代・吉田優利選手のプロフィール!

10歳からゴルフを始める。

麗澤高等学校在学時の2017年、『世界ジュニアゴルフ選手権』で平岡瑠依選手と出場した女子団体で台湾に次ぐ2位。

 

2018年『日本女子アマチュアゴルフ選手権競技』で上野菜々子、吉本ここね、西村優菜、安田祐香ら実力者を抑えて優勝。

 

『日本ジュニアゴルフ選手権競技』女子15歳~17歳の部でも優勝を飾る。

『世界女子アマチュアチーム選手権』では安田祐香選手、西村優菜選手と3人で出場し団体2位。

 

2019年の『ワールドレディスチャンピオンシップ』では優勝した渋野日向子らと最終日・最終組を経験する。

 

その後、全米女子オープンに初出場するも8オーバーの108位で予選落ち。

同年、プロテストに挑戦し、通算2アンダーの12位タイで一発合格。

 

2021年『KKT杯バンテリンレディスオープン』で4位タイとなり、プロ入り後としては初のトップ10入りを果たす。

 

この年からの新規大会『楽天スーパーレディース』では最終日に8バーディーを奪う猛チャージで通算18アンダーとし、高橋彩華選手と比嘉真美子選手に3打差をつけてツアー初優勝を飾る。

 

2021年9月の『ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント』では最終日に65の7アンダーとここでも猛チャージを見せ、14アンダーで並び岡山絵里選手とのプレーオフに持ち込む。

 

プレーオフ2ホール目で吉田選手がパー、岡山選手はボギーを叩き、初勝利より難しいと言われるプロ2勝目を早々と飾った。

 

【吉田選手のプロフィール】

名前     吉田 優利(よしだ ゆうり)

生年月日   2000年4月17日

出身     千葉県

身長     158cm

体重     59kg

血液型    O型

家族     両親と弟、妹

趣味       お菓子作り

経歴       麗澤中学校→麗澤高校→日本ウェルネススポーツ大学

吉田優利選手のインスタグラムは?

吉田優利

吉田優利選手のインスタグラムフォロワーは5.3万人です。

吉田優利選手のインスタはこちらからどうぞ!

 

 

女子ゴルフ・プラチナ世代の古江彩佳選手はどんな人?

シブコ級の笑顔と“OBの記憶がない”ほどの安定感 恩師が語る今季3勝ルーキー20歳古江彩佳の魅力 - 女子ゴルフ - Number Web - ナンバー

女子ゴルフでメキメキと実力をつけ、人気上昇中のプラチナ世代

その一角を成す実力者古江彩佳選手のジュニア時代は、他の選手とかなり違っていた。

 

ゴルフを始めたのは3歳と早かったが、ゴルフクラブの握り方さえ知らなかった父・芳浩さんが師匠だったとは驚きで、これは他に類を見ない快挙?すね。

 

母の練習についていったのがゴルフを始めるきっかけだった。

とは言っても、母は会社のコンペに参加するための急ごしらいだったらしい。

 

だが、その練習で娘の彩佳はすっかりゴルフの魅力にとりつかれてしまった。

3歳にしてはゴルフに異常な興味を持った彩佳だったが、相手を買って出たのは父・芳浩さんだった。

 

しかし、そうは言っても芳浩さんはゴルフ経験が皆無。

「クラブの握り方も知らなかった」

 

古江彩佳選手が初優勝した時の地元新聞インタビューにこう答えて、父は周囲を驚かせた。

幼いころは週1回、金曜日の夜に2人で練習場に出掛けるのが何よりの楽しみだったと言う。

 

古江彩佳選手は一人娘だったので、両親にとても可愛がられて育ちました。

「将来一緒にラウンドできたらいいな」

 

コーチを買って出た父親でさえ、ゴルフは趣味程度にしか考えていませんでした。

しかし、娘・彩佳は両親の期待をはるかに超える才能を秘めていたのです。

 

小学校高学年になってアマチュア大会に出場すると上位に入賞。

あっと言う間に全国大会にまで勝ち進んでしまったのだから、驚くではありませんか。

 

試合で結果を残すにつれ、父と娘の二人三脚に熱がこもる。

芳浩さんは雑誌やテレビ番組で徹底的にゴルフの技術を研究し、習得に余念がなかった。

 

プロからのレッスンは一切受けさせず、すべて我流での指導を貫いた父。

これはとてもすごいことですね。

 

途中で不安になり「プロに一度見てもらおう」となるのが普通でしょうが、芳浩さんの信念はみじんも揺るがなかった。

 

会社務めのだから父は平日の日中、娘の練習を見てやれない。

だから、夕食を終えた後の夜間練習は1日たりとも欠かさずに続けた。

 

サラリーマン家庭だったので金銭的な負担が軽くなる『500円で打ち放題』の練習場が近くにあったのはうれしかった。

 

父娘の熱がこもった真剣な練習は実を結び、古江彩佳選手は全国中学校選手権で優勝するまでに上達していた。

 

滝川第二高進学後にはジュニアナショナルチーム入りし、世代トップレベルに成長したのだから、ド素人コーチ恐るべしですね、ホントに。

 

高校時代の恩師、角谷真吾ゴルフ部監督は言う。

「崩れないスイングはお父さんがつくり上げた。彩佳自身が信じる人は、お父さん一人と決めているのでぶれない」

 

古江彩佳選手はプロ転向後の今も芳浩さんがコーチだ。

その存在意義を尋ねられて、古江選手は次のように答えた。

 

「調子が悪い時に話を聞ける」

「二人なので迷うことがない」

 

父・芳浩さんの的確な目線を支えに、トッププロへの道を確実に歩んでいるプラチナ世代の古江彩佳選手です。

女子ゴルフ・プラチナ世代、古江彩佳選手のプロフィール

古江彩佳】小柄で可愛いけどスイングは完璧!高校・プロの戦績は?

【古江彩佳選手のプロフィール】

所属先         富士通

国籍          日本

出身地         兵庫県神戸市

ツアー通算       4勝(アマチュア優勝を含む)

出身校         滝川第二高等学校

身長          153cm

体重         未公表

プロ転向        2019年10月23日LPGA入会(91期生)

血液型         O型

得意クラブ

生年月日        2000年5月27日

趣味          ドライブ、音楽鑑賞

 

⁂プロ初勝利は通算15アンダーで2020年9月の『デサント東海クラシック』