スポンサーリンク

渋野日向子オリンピック女子ゴルフ代表へ・笑顔の破壊力は宇宙級?

女子ゴルフ

2019年8月、全英女子オープンに初出場で初優勝を飾り、その後の国内ツアーでも大活躍を見せた渋野日向子

宇宙を揺らすほどの破壊力を持つあの笑顔に魅せられて、日を追うごとにフアンが急拡大中だ。

 

特に男子には10代から90代までと実に広く支持されていて、渋野日向子のそばに立つと有名無名関係なく、日本男子はだらしなく目尻を下げてしまうのだからたまらない。

 

しかし、今や渋野日向子は日本男子のものだけに非ず。

世界の男どもが注目する存在になってしまったのだから、さあ大変だ。

 

 

英ゴルフ専門メディア選出の『ゴルファー・オブ・ザ・イヤー』候補の5人に選出されたのだ。

その理由を男性記者は次のように紹介している。

 

「スマイリング・シンデレラについて全てが好きになってしまう。

プレーのペース、プレー中お菓子を平らげる信じられない能力、際限のないスマイルとハイファイブと真面目さ、についてだ」

 

イギリス男子のハートをわしづかみにした様子が伝わって来る。

渋野日向子の魅力を余すところなくお伝えしましょう。

スポンサーリンク

渋野選手の家族はどんな人たち?アスリート一家に育った日向子

渋野日向子は小学2年生でゴルフを始めたが、当時はソフトボールも一緒にやっていた。

中学生になるとゴルフ一本でやってくことを決意し、この時すでにプロになることを夢見ていた。

 

誰から強制されたわけでもなく、自発的にプロゴルファーを目指した渋野日向子は、アスリート一家に育っている。

ご両親は若かりし頃、そろって陸上競技の選手だった。

 

父親の渋野悟(さとる)さんは筑波大学在学中は砲丸投げ、円盤投げの選手として活躍し、国体で3位の実績を上げるほどの実力の持ち主だった。

 

卒業後は岡山市の水道局に勤務、現在は管理職をしている。

年齢は50歳を超えたばかりのようです。

 

また渋野悟さんは、モータースポーツのエンデューロレースの経験もあり、2009年の全日本エンデューロ選手権九州大会への出場経験があるなど、スポーツ万能だ。

 

エンデューロとは、オートバイで全長数十㎞にも及ぶ自然の地形を生かしたダートコースを舞台に、ライダーの技術と体力と気力を競うモータースポーツです。

参加するライダーの技量にあわせたコース設定やルール設定ができ、オフロードタイプの一般市販車で気軽に参加できることから、幅広い年齢のライダーに親しまれている。

 

母親の信子さんもやはり、陸上競技の選手でした。

やり投げでインターハイ出場経験があるというから、こちらも相当な実力の持ち主。

 

 現在は地元の体操教室で講師を勤めているとのこと。

ご両親の出会いは陸上競が縁で、その高い身体能力を渋野日向子が受け継いでいることは間違いないでしょう。

 

渋野日向子は三姉妹の次女に当たるが、3人ともゴルフをしていて、高校生の末妹はソフトボールと両立させているのだという。

 

スポーツ一家に育ち、おそらくご両親とも時にはスパルタだったかも知れませんが、基本的には自主性を尊重して、伸び伸びした環境を日向子に与えたのではないでしょうか。

 

スポーツには深い理解と造詣があるご両親のもとで、仲良し三姉妹として育った渋野日向子プロ。

あの、天真爛漫は天性のものでしょうが、育った環境が一層の磨きをかけたことは間違いないでしょう。

 

これまでは、どちらかというとハード、スパルタ、親の意志が優先されてきた感のあるジュニア育成のスタイル。

 

フェアウエーでお菓子もぐもぐのスマイルシンデレラ誕生は、その育成法に今後かなりの影響を与えることだろう。

 

渋野日向子選手の気になる恋や今後の活躍についてはこちら↓

2021年東京オリンピック代表へ渋野日向子新年のスタートだ!

渋野日向子が2020年東京オリンピック女子ゴルフでの、金メダルを宣言した。

オリンピックにかける渋野日向子の意気込みは相当なものだ。

 

金メダルへの思いが強いのは、中学生までやっていたソフトボールと宮里藍さんにあるようだ。

初出場で全英女子オープンを制覇した渋野なら、と誰もが期待してしまいます。

 

質問:五輪で印象に残っているのは

渋野:一番は北京大会(2008年)のソフトボールの金メダルですね。

テレビで皆さんの顔を見て、私もこういう体験してみたいと思いました。

 

質問:同じように金メダルを目指す

渋野:金メダルを取れたら全英の優勝よりも、大きな影響を与えられるんじゃないかと思います。

 

私がジュニアの時よりゴルフ人口は絶対減っていて、ジュニアの大会に出る人数も少ないんですけど、結果を出すことでゴルフを広く知ってもらえる。

 

宮里藍さんの活躍をテレビで見ていたのが私たちの世代。

(渋野に)憧れて始めましたと言ってもらいたいし、強い子に出てきて欲しいと言う思いはすごくありますね。

 

藍さんのように、なんならもっと活躍できるような選手になって、藍さんは誰からも好かれる方なんで、ゴルフだけでなく、人柄としても、そうなりたいなと思います。

 

 

これは、2019年暮れ東京スポーツに載ったインタビューの一部だ。

またこうも言っている。

 

質問:年末に『3人で』という発言があった

渋野:イベントでご一緒した時、鈴木愛さんが

「3人で選ばれるように頑張りたい」

 

と言ってくれて、15位以内は最大4人ですけど、そこに近い選手が3人いるので、その3人で行けるのがベストかなと思いました。

日本代表として、メダルのチャンスも増えるし、個人戦ですけど、3人で行けたら心強いです。

 

いや、ホントぜひ、渋野日向子、鈴木愛、畑岡奈紗の3人で出場してもらいた。

日本女子の実力は本物だから、3人出場となればメダルの可能性はとても高くなる。

 

それにしても、渋野日向子のインタビューを読んでいると思わず『エライ!』と声をかけたくなります。

 

21歳の若さにして、ゴルフ界の将来を考えている。

ジュニアが減っているので、金メダルを取って子どもたちが憧れるような選手になりたい、ゴルフをより広めたい。

 

素晴らしい!思わず拍手を贈りたくなりなります。

渋野日向子は、ただ明るいだけの女子ではないことがとてもよく伝わってくる。

オリンピック出場へ渋野日向子の年末はメデアから引っ張りだこ!

2019年8月の全英女子オープンで世界中に衝撃を与えた渋野日向子は、メデアから引っ張りだこだ。

特に2019年師走の露出は凄い。

 

12月は、ほぼ毎週のようにテレビに出演していた。

12月8日にはTBS系の『情熱大陸』へ出演。

 

ご存知のように各界で活躍する、旬の人への密着取材で有名なドキュメンタリー番組だ。

副題が『ゴルフ界のスマイリングシンデレラ!42年ぶりの快挙』

 

靴のサイズが26.5cmで、合うヒールが見つかったけど、

「足が痛い痛い」

を連発して笑わせる。

 

けれども、その直後には

「私も人間なんだから、いつも笑顔でいられるわけではない」

本音を漏らしていたのが印象的だった。

 

12月14日、21日は2週連続で、やはりTBS系列の『炎の体育会系TV』に出演。

勝みなみ、原英莉花、新垣比菜と楽しんでいた。

 

4人とも1998年度生まれのいわゆる『黄金世代』で、そろって今年の飛躍が期待されている。

渋野日向子は握力が50kgもあることがこの番組で分かった。

 

20歳から24歳の日本男子の平均が約46kgで、同年齢の女子だと28kgだ。

渋野日向子の強さの一面が見える測定結果だった。

 

他にもシーズン終盤に収録したテレビマッチ2本が放映された。

ハイライトは大みそかのNHK『紅白歌合戦』の審査員での出場だ。

 

GENERATIONSが、ダンススクールの生徒たちをバックダンサーに『EXPerience Greatness』を熱唱し、渋野日向子の活躍場した映像がバックスクリーンに、大写しされる演出があった。

 

GENERATIONSのフアンだという渋野日向子本人にはもちろん、全国の渋野ファンに対しても、とても素晴らしいステージを届けたくれたのだった。

 

他にも、スポーツ紙はほぼすべて、雑誌、一般新聞とインタビューが切れ間なく掲載された。

普段とは違う衣装に身を包み、嬉しそうにふるまうシブコを見ているとやはり女の子だ。

 

暮れも押し迫った12月30日には、英ゴルフ専門誌ナショナル・クラブ・ゴルファーが毎年選出する『ゴルファー・オブ・ザ・イヤー』候補の5人に渋野日向子が選出された、とのニュースも飛び込んできた。

 

◎このニュースに関しては、記事後半で詳しく書いています。

 

しかし、スゴイ、スゴイとばかりも言っていられない。

あまりにもメデアへの露出が多すぎますね、正直言って。

 

これによる体力、精神的負担は相当なもの。

かなりの時間も割かなければならないだろうから、老婆心ながらトレーニング不足が気になる。

 

正月も引き続きTV出演が待っている。

2020年の渋野日向子は、2月20日のホンダLPGAタイランドから戦いがスタートする。

 

タイで開催される同大会は米ツアー開幕戦であり、新所属先であるサントリーの渋野日向子としての開幕戦でもある。

 

この露出過多とハードスケジュールには、大先輩の岡本綾子さんも心配顔だ。

メデアに翻弄されて過去幾多の若きアスリートが、表舞台から消えて行った事実を知っているからだろう。

 

強靭な身体とタフな精神力を備え、そして聡明な若き渋野日向子。

大人の心配が杞憂であることを願いたい。

渋野日向子の男性の好み、ちょっとだけ教えます

渋野日向子が男性から人気が高い理由をあの、美輪明宏が『女性自身』で触れていた。

とくに中年のおじさんたちが、“シブコ”に夢中ですね(笑)。

彼女は日本のおじさんたちが好きなグラマーなスタイル。

体全体に肉付きがあって、骨盤がパーンと張っている。

そしてくびれてるところはくびれていて、なおかつ笑顔がとてもかわいい。

私はそんな視線のファンも多いのではないかと邪推しましたけど……(笑)。

 

これには100%賛成はできないなア、中年おじさんの一人として。笑

渋野日向子の魅力は、何と言ってもあの輝くような笑顔と健康美でしょう。

 

グラーマーだなんて目で一度も見たことがなかった。

まあ、いろんな見方をする方がいらっしゃいますので、美輪さんの意見も一つの見方と受け止めておきましょう。

 

さて、渋野日向子はどんな男性が好きなのでしょうか?

興味津々ですよね。

 

男性はどのようなファッションが好みですか?

「シンプルなコーディネートが好きですね。

以前BEAMS GOLFの蛍光ピンクのニットを着てた方がいたんですが、お洒落だなと思いました。

あ、普段ならスーツを着てる人も素敵だと思います(笑)」

 

 

BEAMS GOLFの担当者の質問に答えたもです。

参考にしてください。笑

渋野日向子全英女子オープン制覇・キャンディシンデレラ誕生!

世界に衝撃が走った。

ゴルフ界にとっては、タイガーウッズのマスターズ優勝復活劇よりも凄い事件が起きたと言える。

 

ゴルフの本場イギリスで日本女子ゴルフ界に超弩級の新星が誕生した、その名渋野日向子

全英女子オープンで、何と日本勢では42年ぶりとなるメジャー制覇をやってのけたのだった。

 

全英女子オープン最終日、2位以下に2打差の単独首位で出た渋野日向子は7バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「68」でラウンドを終了した。

 

通算18アンダーとしてメジャー初出場初優勝の快挙をゴルフ発祥の地で、あっさりと成し遂げてしまったのだ。

どれほど称賛しても言い尽くせない偉業だ。

 

AIG全英女子オープン 最終日(8月4日)

◎会場:ウォーバーンGC(イングランド)

◎6585yd(パー72)

 

それにしたって、勝ち方がスゴイ。

2019年、全英女子オープンで渋野日向子は3日目ついに首位に躍り出た。

 

迎えた4日目、勝ちを意識したかフロント9を終わって3位に後退。

やはり、渋野日向子も人の子、と思ったとたんバック9の10番でバディーを奪う。

 

12番は303ヤードの短いパー4だが、ティイングエリアからグリーンまでの正面には満々と水を湛えた池が迫っている。

 

池を超えるためには250ヤード以上のキャリーが必要だから、女子プロの多くは左の安全なフェアウエーへ刻む。

 

しかし、ここを勝負どこと読んだ渋野はバッグからドライバーを抜き取ってアドレスに入った。

狙いはもちろん、池の向こうにピンフラッグはためく、グリーンだった。

 

渇いた音を残した渋野の一打が池の中ほどに差しかかった時、TVに見入っていた多くの日本人は声にならない声を上げた。

 

池へぽちゃん!誰もがそう思ったのだが、ボールは渋野の意志に押されるがごとくギリギリで水を超え、グリーン手前のラフへ着地。

 

そのまま2度、3度バウンドし、見事グリーンをとらえたのだった。

イーグルは逃したが楽々バーディ。

 

18番バディーパットも圧巻だった。

外せばプレーオフ濃厚で、6mはあろうかと思われたが見事1打で沈めて決着をつけた。

 

入らなければ2mはオーバーしただろうと思われる強気のパットで、カップの向こう端にボールが当たってカッコ~ンと心地よい音色が響き渡った。

渋野は帰国後に語っている。

「プレーオフは絶対嫌だった、カップのふちが壊れるくらい強く打った」

 

勝負勘、強気、度胸、集中力、常人には理解できない勝負強さとパワーを秘めている。

しかも終始笑顔である。

 

最終日、17番フェアウエーで笑顔を見せながら食べていたおやつが『タラタラしてんじゃねよ~』というらしい。

もう恐れ入るしかないのだ。

渋野日向子はバックナインでの強さが突出している

1977年全米女子プロ選手権で勝利した樋口久子以来となる、日本勢42年ぶり男女を通じて2人目のメジャー制覇だと言うからたまらない。

 

渋野日向子の全女子オープン制覇で思い出すのが、岡本綾子さんだ。

岡本綾子さんも実は1984年に全英女子オープンを制覇している。

 

2位に何と11打差のぶっちぎり優勝であったが、残念ながら当時はまだメジャー昇格のだいぶ前だった。

世界一のスイングと謳われた岡本綾子さんのゴルフが懐かしい。

 

さて、我らが渋野は新人で、初メジャー、しかも初の海外試合だったが、日本国内と同じように得意としているバックナインで実力を見せた。

 

この大会で渋野は4日間を通じてフロントナインはイーブンパーだが、バックナインは18アンダーを記録している。

このバックナインの突出した成績が彼女の身体、メンタル両面の強靭さを裏づけている。

 

ある人は言った。

「渋野日向子は他の選手が疲れてから、バテたころに本気モードになる」

最終18番で6mのバーディパットをねじ込んで2位以下を振り切り、栄冠を手にしたが彼女に涙はなく笑顔だった。

 

全英女子オープンの大舞台で最終日をトップの最終組で回りながら、プレッシャーに負けるどころか、フェアウエでお菓子をもぐもぐつまんでいたのだから、渋野日向子の名前と笑顔は宇宙まで轟いているかも知れない。

 

まさしく新星、黄金世代、新世代の中でも一際鮮やかな輝きを発し始めた。

ルーキー、二十歳、海外ツアー初挑戦、メジャー大会初出場等々、勝つ要素を探すのが難しい条件だった。

 

しかし、渋野日向子は勝った。

そして、あろうことかこの女子は世界を驚愕させる大事件を起こしながら、勝利後のインタビューでも一粒の涙さえこぼさなかった。

 

42年ぶり、日本人二人目の快挙をゴルフ発祥の地イギリスで成し遂げてしまうのであるから、この20歳の新星女子をなんと称えればよいのだろうか。

 

もう昭和生まれのおじさんには理解不能の、強さと爽やかさと凄味だ。

イギリスの著名なゴルフ関係者でさえ、こう言って驚きと戸惑いを隠さない。

 

「渋野日向子の勝利は凄いことだ、世界を十分驚かせた。

あの、タイガーウッズのマスターズ復活制覇と同じくらいの出来事だ。

いや、それ以上の衝撃だ」

 

ゴルフの本場イギリスでかつてこれほどの衝撃的デビューを果たした日本人ゴルファーは、渋野日向子をのぞいて誰一人いない。

 

いや、すべての種目において欧州でこれほどの旋風を巻き起こした日本人アスリートは、かつて存在しなかっただろう。

この若きプロゴルファーの前途は無限だ。

今大会の勝利で優勝賞金約7,000万円を獲得し、オリンピック日本代表の座をはっきりと視界にとらえることにもなった。

 

優勝を決めたホールアウト後のインタビューで語った。

「最後のパットは打った瞬間はちょっと強かったと思ったが、決めたかったので、入れ!と心で叫んだ」

「泣きそうになったが、涙は出なかった」

 

渋野は実に笑顔が生き生きとした、岡山市出身の20歳。

地元イギリスのメデアから頂いたニックネームが「スマイル・シンデレラ」

 

日本では印象的な笑顔と同様にラウンド中、彼女が食べていたお菓子が話題をさらった。

『スマイル・シンデレラ』『キャンディ・シンデレラ』どちらにしたって、かつて誰も見たことのないキャラクターの出現である。

 

正確に言えば、二日目を終え3打差ながら単独2位に立った渋野日向子に、現地メデアがインタビューを行った際の通訳の一言が発信源のようだ。

 

「スマイリング・シンデレラ」

と発した通訳の一言が、現地メデアで取り上げられ大きな反響を呼んだ。

 

それを日本のメデアは『スマイル・シンデレラ』と伝えたのだ。

どちらかと言えば日本では、フェアウエーでの『もぐもぐ』の方が話題をさらった感がある。

渋野日向子は2018年のプロテストに合格したばかりで、19年の国内メジャー「ワールドレディスサロンパスカップ」で初優勝を飾ると「資生堂アネッサレディス」で2勝目を挙げ、ここまではとても順調に歩んでいる。

 

いわゆる黄金世代の中心選手となった。

2019年の賞金女王争いに加わり、オリンピック代表候補にも名乗りを上げた。

 

全英オープン初制覇の時点ではまだ本人に自覚はないだろうが、日本では渋野日向子大フィーバーが待っているはずだ。

 

渋野日向子が出場する試合には、大勢のギャラリーリーが押し掛け、メデアのカメラと記者の目がその一挙手一投足を全国に伝えるだろう。

 

フェアウエでのもぐもぐがTV画面にアップされ、そのお菓子は次の日には全国の店頭で品切れが続出するのだ。

こんな現象は遼クンこと、石川遼以来だろう。

遼くんは高校生となったばかりの2007年、マンシングウェアオープン KSBカップにアマチュア枠でツアー初出場する。

 

この大会は初日が暴風の影響で中止となり、最終日に2ラウンドが行われた。

2日目終了時点で石川遼は首位と7打差の23位であったが、高校生ながら最終日36ホールを回って大逆転優勝。

 

アマチュアで、しかも高校生でのプロトーナメントの優勝であった。

当時の15歳245日は、プロゴルフトーナメント世界最年少優勝記録として、今もギネスで認定されている。

 

遼くんは行く先々でフアンとメデアにもみくちゃにされ、数々の伝説を残した。

あれから早いもので、すでに10年以上の歳月が過ぎた。

 

ご存知のように遼くんは今もプロゴルファーとして活躍し、そして日本ツアー機構の選手会長を務めている。

石川遼にとって惜しむらくは怪我である。

 

渋野日向子には、スケジュール管理と体のケアに万全を期し、これから迎えるであろうハードな日々を無事乗り切って欲しいと心から願わずにはいられない。

 

2020東京オリンピックで活躍した後は、アメリカツアーへの挑戦だろうか。

渋野日向から片時も目が離せない。

2020年夏ビールの売り上げに大異変が?渋野日向子サントリーと契約

わずか数ヶ月前のことだった。

渋野日向子の全英女子オープン制覇は日本中に、いや世界中に、いやいや宇宙にまでその衝撃波を及ぼした。

 

その、お菓子もぐもぐ女子、スマイル・シンデレラを見事射止めたのは、サントリーだった。

契約金が9桁のゴルフ界最大級の契約になるのは間違いなく、3年契約とのうわさも流れている。

 

シーズン・オフに入ると同時に彼女の所属先が変わるだろうとの噂はあった。

12月26日、スポーツ紙が一斉に報道して、渋野日向子がサントリーと所属契約をすることが明らかになったのだ。

 

新年早々、サントリーからこの契約について正式発表及び新星、国民的ヒロインの大々的なお披露目があるだろう。

 

この契約はしかし、2020年夏には驚くべき現象をもたらす可能性さえ秘めているのだが、当事者たちはまだ誰も気づいていないのではないだろうか。

 

ファンから地元の企業との関係を残してほしいとの希望もあり、2019年の所属先だった山陽放送はスポンサー契約で引き続きサポートする。

 

彼女は来年2月20日開幕の米ツアー・ホンダLPGAタイランド(タイ)からサントリーの渋野日向子で出場する事になる。

イギリスメデアからスマイル・シンデレラと命名された、宇宙にまで届きそうな破壊力の笑顔、その名の如き向日葵の大らかさ、そしてあふれる清潔感。

 

こんな稀なる極上キャラクターを企業が放って置くわけがない。

2019年8月の全英優勝直後から水面下では、激しい渋野日向子争奪戦が繰り広げられていたのだった。

 

渋野日向子の元には、スポンサー契約を含めて業種を問わず、大手企業を中心に20社以上のオファーが殺到していたというが、当然のことだろう。

 

渋野日向子を射止めたサントリーは、伝統的に芸術、文化、スポーツを通じての社会貢献に積極的な企業で知られていて、ゴルフ界とのつながりも深い。

 

男子プロゴルフのツアー制度が始まった1973年から2007年まで、サントリーオープンを主催し、ツアートーナメントの目玉大会の一つとして有名だった。

 

女子ゴルフツアーでは1990年から始まったサントリーレディースが2019年で30回を迎えるなど、日本女子ゴルフ界には欠かすことのできないスポンサーの1社だ。

 

最近の女子プロでは宮里藍さんと2018年、突如引退を表明した森田理香子が所属していた。

宮里藍さんは現役を退いた現在も所属しており、宮里藍サントリーレディースと冠まで戴く待遇である。

 

宮里藍さんは生涯契約とも言われ、過去も現在も手厚いサポートを受けているようだ。

今回の契約にあたっては、サントリーから渋野側に破格の待遇条件が提示されたことは、間違いないだろう。

 

金額もさることながら、宮里藍さんに対するサントリーのサポートと好待遇も、渋野日向子側に大きな影響を及ぼした可能性は否定できまい。

 

サントリーが懸命にバックアップした悲願のメジャー制覇を、宮里藍さんはついに実現することができなかった。

 

しかし、すでにメジャー優勝を手中に収め、次はアメリカ本土での制覇を狙う渋野日向子は、ポスト宮里藍としてこれ以上望むべきもない選手であり、双方の思惑が一致したと言えるのかも知れない。

 

渋野日向子は2020年東京オリンピック出場が濃厚だ。

真夏の暑い日、渋野日向子が霞ヶ関カンツリー倶楽部でメダル争いでもしようものなら、ビールの消費量がまさにうなぎ登りとなって、売り上げの記録更新さえ現実味を帯びてくる。

 

2020年の夏、ビール業界は渋野日向子の動向から目が離せなくなるだろう。

いやはや、サントリーは凄い恋人を射止めたものだ、羨ましい限りである。

現在、日本のプロゴルフ界における所属先との契約金額では、米ツアー日本男子最多の5勝を誇る松山英樹が最高峰だろう。

 

所属先のLEXUSはかつては丸山茂樹の米ツアー挑戦を支えた実績を持ち、ジュニア育成にも力を入れいている企業だ。

 

松山とLEXUSとの契約は1年間1億円説が有力であるが3年間で6億円説もあり、日本の場合スポンサー、選手双方が金額を明らかにすることはなく、あくまでも推定の域を出ない。

 

したがって全英オープンを初制覇した渋野日向子選手とサントリーの間で交わされる契約金についても、メデアが集めた情報から推定した金額を報道していることになる。

 

今季プロ初勝利を挙げ、2020年から米ツアーに参戦する河本結にしても、2019年7月に推定5000万円でリコーと契約したと報道されている。

 

ちなみにゴルフ界世界最高の契約金を誇るのは、ロリー・マキロイでナイキと10年総額で約200億円と言われている。

 

国内ツアー選手の所属契約金額の目安になるのがシード権だ。

通常であればシード権を持つプロの相場は、1500万~3000万円だという。

 

所属先の他にも、帽子やウエアに企業名を入れて宣伝を目的とするのが、スポンサー契約だ。

その場合もそれぞれの企業から契約金が支払われ、選手が無名時代から応援のためスポンサー契約を結ぶ、ありがたい企業もある。

これまで渋野日向子を応援してきた企業

RSK山陽放はプロデビューから2019年シーズン終了まで所属先として、渋野日向子選手をサポートしてきた。

2020年2月からはスポンサー契約で応援、サポートすることが決まっている。

 

ミック工業株式会社

岡山県の地場産業であるこの会社は、熱心に渋野選手を応援している。

空調機器及び建築関連部材を加工から組立まで一貫して製造している会社で、創業50年を迎えています。

 

株式会社キャンディル

キャンディルは全国をカバーする業界唯一の建築サービス体制網を構築する会社。

戸建、集合住宅、商業施設などのあらゆる分野で建築サービス関連事業を展開している。

 

2019年6月からスポンサー契約を結んでいますが、社長の林晃生氏が渋野日向子選手と同じ岡山県出身の縁から応援しているという。

 

JAL(日本航空)は2019年10月31日、渋野日向子とサポート契約を締結したと発表しました。

快適な空の旅を提供するJALにとって、何と言っても渋野日向子選手の明るさが魅力だ、と担当役員は語っている。

 

ゴルフクラブと用品は下記のとおりです。

◎ジュニア時代からサポートをしているのがピンゴルフ

ドライバー、アイアンともにピンを使用。

 

◎ゴルフシューズはNIKE・ナイキです。

ナイキのゴルフシューズはAmazonでどうぞ!

 

◎使用ボールはタイトリストのタイトリスト PRO V1x。

 

◎ゴルフウェアはBEAMS GOLF・ビームス・ゴルフ

2019年8月4日からウエア契約を結んでいます。

 

あるインタビューで渋野選手はBEAMS について契約前から名前は知っていたが、着たことは一度もないと彼女らしく素直に答えている。

 

 

◎使用サングラスはOAKLEY・オークリー

 

以上が現在のスポンサー契約だ。

渋野日向子がイギリスで再び大きな注目を集めている

優勝争い佳境で、お菓子『タラタラしてんじゃね~よ』を優雅に食す渋野日向子。

しかも栄えある全英女子オープンの最終日、イギリスミルトンキーンズ・ウォバーンGC17番ホールフェアウエーでのことなのだから、もう、ぶったまげてしまう。

 

これで最終18番、6mのパットをカップの向こう側にぶつけてバーディをもぎ取り、ついでに全英女子オープンの優勝まで奪い取ってしまうのだから、その破天荒ぶりには言葉を失ってしまう。

 

直後から日本のネット上は騒然。

「こんな選手見たことない!」

「何だこの、まったく屈託ない明るさは」

「常識では考えられない強心臓と勝負強さ」

 

女子ゴルフの海外メジャー最終戦、8月の全英女子オープンでメジャー初優勝の快挙を成し遂げた渋野日向子。

もう、その衝撃と人気は日本のフアンだけが独占できるものではなくなった。

 

渋野日向子は英ゴルフ専門誌ナショナル・クラブ・ゴルファーが毎年選出する『ゴルファー・オブ・ザ・イヤー』候補の5人に選出されたのだ。

 

「今年最高の心温まるストーリー」

同誌では特集が組まれ、渋野のシンデレラストーリーについてこのように表現した。

 

また、その天真爛漫なキャラクターは、海外のゴルフファンをも魅了していると伝えている。

権威あるイギリスのゴルフ専門紙に何度も取り上げられるのだから、渋野は凄いのだ。

 

「スマイリング・シンデレラについて全てが好きになってしまう。

プレーのペース、お菓子を平らげる信じられない能力、際限のないスマイルとハイファイブと真面目さ、についてだ」

 

記事を書いた記者と同誌の惚れ込みようが、伝わって来るではないか。

来年の全英女子オープンでデフィデングチャンピオンとして、渋野はイギリスでどのような歓迎を受けるのだろうか。

 

他の『ゴルファー・オブ・ザ・イヤー』候補は、賞金女王のコ・ジンヨン(韓国)、スーザン・ペターセン(ノルウェー)、

男子のシェーン・ローリー(アイルランド)、復活のタイガー・ウッズ(米国)。

渋野日向子の全英オープンは最も想定外のメジャー優勝だった?

同誌NCGではまた「ゴルフ界の10年 NCG選出の最も想定外のメジャー優勝」という特集を組んだが、これにも渋野日向子は登場するのだ

 

この企画は、同誌のコラムニスト4人がメジャー大会の舞台で起きた、大番狂わせを選出するものだ。

 

2011年に全英オープンを制覇したダレン・クラーク(英国)、2017年のマスターズでメジャー挑戦74試合目にして、ついに悲願の初優勝に泣いたセルヒオ・ガルシア(スペイン)、15年全英オープン覇者ザック・ジョンソン(米国)など男子の名ばかりが挙げられる中、アレックス・ペリー記者が渋野日向子を推薦した。

 

彼は力説する。

「もし、ヒナコ・シブノがこの賞で完勝しないなら、他に誰がいるのか私にはわからない。

私はここから大文字で記すことにする。

強調する必要があるからだ」

 

こう言って、実際に大文字で渋野の番狂わせぶりを記述するのだった。

渋野日向子にとって、全英オープンは初出場でしかも海外での試合も初。

 

そんな中、メジャーでいきなり劇的な優勝を果たしたことを彼は絶賛する。

彼の言葉にはさらに力がこもる。

 

「彼女は生まれてこの方、母国の日本以外で一度も大会に出たことがなかった。

そして、彼女はここ英国にやってきて、全英女子オープンを優勝したのだ」

 

「それだけではなく、百戦錬磨のベテラン、リゼット・サラス相手にやってのけた。

そして、いつだって輝く笑顔を浮かべていたのだ」

 

同記者は海外ファンをも魅了したスマイリング・シンデレラを称え続けるのだった。

渋野日向子の全英オープン初制覇はゴルフの本場、英国でさえ歴史的な出来事なのだ。

 

1年延期された2021年東京オリンピックで、このフィーバーをもう一度再現してもらいたい。

そして、霞ヶ関カンツリー俱楽部に是非ともしぶこスマイルを振りまくことも。

 

コメント

  1. […] 渋野日向子オリンピック女子ゴルフ代表へ・笑顔の破壊力は宇宙級?渋野日向子の全英女子オープン優勝は42年ぶりの日本人メジャー制覇だった。常に笑顔を絶やさず、ラウンド中フェ […]

  2. […] 渋野日向子オリンピック女子ゴルフ代表へ・笑顔の破壊力は宇宙級?渋野日向子の全英女子オープン優勝は42年ぶりの日本人メジャー制覇だった。常に笑顔を絶やさず、ラウンド中フェ […]