スポンサーリンク

渡哲也から引き継ぐ舘ひろしの礼儀正しさ・男気をゴルフ場で目撃

南の島 ゴルフ名門コース

渡哲也が逝ってしまった。

素晴らしい俳優だった。

本当に惜しい男を亡くした。

 

その愛弟子・舘ひろしにゴルフ場で遇ったことがある。

場所は千葉県・市原市に当時オープンしたばかりの米原ゴルフ倶楽部。

 

南欧風の洒落たクラブハウスとコテージ、そしてコースに配した大きな池が特徴のゴルフ場で、舘ひろしの礼儀正しさを目撃して驚いた記憶がよみがえる。

 

おそらく師匠・渡哲也の影響を大きく受けたであろう、舘ひろし。

裕次郎・渡・舘と受け継がれてきた男の系譜も舘ひろし一人が取り残されてしまった格好だ。

スポンサーリンク

広い湯船で無邪気に泳いだ舘ひろしがレストランで豹変?

米原GC

我々のすぐ後ろを二人でプレーしていた舘ひろし。

すぐ後ろの組といっても平日だったから入場者が少なくスタートの間隔がたっぷり空いていたので、コースで見かけることは稀だった。

 

当時は新設のゴルフ場が高額会員募集を競い合い、金満クラブハウスを自慢し、プレィフィが高いほど名門コースという風潮があった。

 

いくらバブル期とは言え、平日で3万円のプレィフイでは来場者は限られる。

これを喜んだのが一部の著名人や芸能人だった。

 

お金は唸るほどあるし、スポンサーにも事欠かない。

人目を気にせず好きなゴルフに興じられるのだから、お忍びにはもってこいだった。。

 

お忍びのはずが、調子に乗りすぎて大はしゃぎ。

その結果、コースへの出入り禁止や会員の権利をはく奪され、退会処分になった芸能人、有名人もいた。

 

特に『お笑い芸人』のジャンルはゴルフ場の経営側やメンバーから顰蹙を買い、敬遠された。

お笑い芸人すべてが嫌われたわけではないが、大物芸人といわれる何人かは特に評判が悪かった。

 

コース内での悪ふざけが過ぎる上に高額な賭けゴルフが問題視されたのだ。

大金のやり取りをクラブハウス内の人目につくところで、大っぴらにやるのだからたまったものではない。

 

出入り禁止や除名処分は所属事務所が必死に火消しに走り、体面を重んじるゴルフ場側の思惑もあって、あまり表には出なかったがこの類の話は一度や二度ではなかった。

 

こういった連中がテレビで世間のマナーが悪いと切り捨て、政治の不透明さを批判し説明責任を追及するのだから、世の中変われば変わるものだ。

その分こちらは、ますますテレビから遠ざかってしまうのだが。

 

さて、我が愛する舘ひろしであるが、ルールや礼儀にうるさかった石原軍団の一員。

彼はそんな非礼、無礼とは無縁だった。

 

二人でプレーしていたというが、舘の相手は誰だって?

それは、類い稀なるあなたの豊な想像力にお任せします。

 

プレーを終え、私がたった一人で広い湯船につかっていると、すぐ後ろの組で回っていた舘ひろしが浴場へ入ってきた。

 

彼は笑みを浮かべて私に目配せをした。

なんと、湯船の中を素っ裸でゆっくり泳ぎ始めたのだった。

 

マルチン・ルターならぬ、フルチン・ヒロシの無邪気さに私は笑うより他なかった。

そして、驚いたのがその後のレストランだった。

 

レストランでビールを飲んでいると舘ひろしが階段を昇って来た。

入り口付近でミッキー安川という先輩タレントが食事をしていた。

 

舘は横に立ちどまり律義にお辞儀をした。

嬉しそうに先輩が話しかける。

 

テーブルが離れていたので内容は聞こえないが、かなり長く話は続いた。

その間、舘ひろしはずーと直立不動だった。

 

両手を太股にぴたりとつけ、返事をする時だけは頭が少し動くがそれ以外は不動の姿勢を貫いた。

先輩にとってこれほどうれしい後輩はいないだろう。

 

何という礼儀正しさ。

私は目を見張りながら彼を見つめ、今でもはっきりとその姿を記憶している。

 

舘ひろしは高校時代ラグビー部に所属し、元々体育会系ではあったがこの時は40歳直前。

確か私と同年代だから、あの年齢で先輩に対するあの礼儀。

 

これは体育会系を超えて、先輩であり恩師でもある渡哲也の影響をかなり大きく受けていたのではないだろうか。

 

渡哲也は映画界にデビューしたばかりのころ、石原裕次郎の律義さと気遣いに感激して自分もそれを見習ったのだという。

 

大スターとしての地位を不動のものにしても、決して周囲に偉ぶらなかった。

スタジオや控室に共演者が挨拶に来るとどんな若手に対しても、きちんと立ち上がり丁寧に挨拶を返したのだという。

 

渡は実に律義な男だった。

厳しかったが同じくらい優しさと気遣いもあったという。

 

渡哲也逝去の一報を受けてショックのあまり、コメントすら出せなかったほど慕っていた舘ひろしだ。

渡の律義さ、礼儀正しさを引き継いでいないはずがない。

 

ゴルフ場のレストランで見せた先輩に対する舘の矜持は、渡哲也の教えに因るところでもあったのだろう。

 

それにしても凄い俳優だった、渡哲也は。

幾たびも病魔と闘いながらいつも毅然と前を見据え、威厳を保つ続けた人だった。

哀感ただよう超一級品の後ろ姿も忘れ難い。

 

ちなみに石原裕次郎、渡哲也、舘ひろしがそろって出演し、石原プロの存在を全国に知らしめたのが、テレビドラマ『西部警察』。

 

約5年間の撮影で訪れたロケ地が4500ケ所。

封鎖した道路40500ケ所。

 

爆破させた自動車車両は約5000台に、飛ばしたヘリコプター600台。

壊した家屋、ビルは320軒で使用した火薬の量4.8トン。

 

使用したガソリン約12000リットルだという。

全238話が撮影・放送されて、負傷者は数人出したものの死者はゼロだった。

 

日本のドラマ・映画史上空前絶後のスケールだった。

ああ、それにしても懐かしい『愛門軍団』が。

 

少し早すぎたが諸行無常の世だ。

別れはいつかやってくる。

素晴らしい男、渡哲也を決して忘れない。

 

石原裕次郎⇒渡哲也⇒舘ひろしと受け継がれてきた、石原軍団が誇る鉄の規律と礼儀と男気。

舘ひろしよ、タスキを誰に引き継ぐのか?