スポンサーリンク

単独トップをキープ・渋野日向子全米女子オープンゴルフ3日目

女子ゴルフ
スポンサーリンク

渋野日向子選手は通算4アンダー、2位と1打差の首位で最終日へ

全米女子オープン3日目は渋野日向子選手が3オーバーの74で回り、2位と1打差で何とか単独首位をキープしました。

 

全米女子オープンゴルフ3日目、2位に3打差をつけて首位スタートした渋野日向子選手。

難しいコースコンデションに我慢のゴルフとなった。

 

グリーンが本当に難しくセッティングされている。

左に池があるホールは必ず右に深いバンカーがある。

 

選手は池を警戒してセカンドは右に出るケースが多い。

待ってましたとバンカーが大きな口に誘い込む。

 

バンカーとピンの距離が近く、寄せてパーセーブが大変だ。

稀にバンカーからの距離がたっぷりで、カップを左端に切っているホールがある。

 

だが、ここでも選手は気が抜けない。

ピンのすぐ向こう側には『こっちへおいで』とばかりに、池が群青色の水を湛えている。

 

強く打つとペナルティゾーンだから、どうしてもバンカーショットはショート気味にならざるを得ない。

 

そして、メジャー特有の高速グリーンで、なおかつ砲台。

グリーン周りでの選手の心労たるや、想像を絶するものがあるだろう。

 

これに耐えるのだから、ゴルフ女子は強い。

心身ともにタフでなければメジャーは勝てません。

 

女子ゴルフ

 

渋野が15番パーオンしたところでテレビ中継が終わり、ネット生配信に切り替えたが、なかなかつながらない。

日本のテレビ局にはこの中途半端を何とかしてもらいたい。

 

先にホールアウトした笹生優花は3日目を終わって通算6オーバー。

東京オリンピック・ゴルフコーチの服部道子さんが、笹生のショットは洋芝に合っていると期待していましたが、今日は苦戦でした。

 

ここでネット配信にようやくつながりました。

丁度、笹生優花選手がインタビューを受けていましたが、口数が少なかったのが印象的でした。

 

この時点で、渋野は16番パースリーをワンオン。

バディーパットは外したが難なくパーをセーブ。

 

16番を終わった時点で渋野選手は、2位に2打差をつけて単独首位をキープ。

17番ティーショットはフェアウエーをキープしたが2打目はグリーンを外す。

 

このホールの3打目が実に惜しい。

入っても不思議じゃなアプローチだったが、カップをなめてチップインバーディを逃す。

 

本当に今日は我慢のゴルフだ。

ずーと2位に着けていたモリヤ・ジュタヌガーンは終盤トリプルをたたき、通算1アンダーでホールアウト。

 

渋野選手の3日目は1番、7番、14番、18番でボギーを打ち、バーディは5番の1個だけ。

ティーショットはまずまずだったが、セカンドは右へふけるボールが多かった渋野選手。

 

特にバックナインの2打目はことごとく右へ外した。

本人もインタビューで語っていました。

 

「後半のセカンドは右へ行っちゃって、あのショットでは全部(昨日までのアンダーパー分が)消えてもおかしくなかった」

 

だが、18番では攻める姿勢を見せてピンを狙ったが、今度はフック気味で左のバンカー。

結果的にはボギーだったが、渋野らしいショットだったので、明日最終日へつながったように見えました。

 

明日の最終日、渋野が警戒すべき相手は2位のエイミー・オルソンだけにあらず。

今日の3日目をアンダーパーで回ったのは、韓国の2選手だけのようです。

 

そのうちの一人はこのコースコンデションの中、4バーディ、ノーボギーで回っています。

3オーバーのギリギリ予選通過だったが、3日目には3位タイまで追い上げてきました。

 

最終18番ではチップインバーディと最高のフィニッシュ。

明日は強敵となって渋野の前に立ちはだかるでしょう。

 

女子ゴルファー

 

ここで、live中継をしてくれたテレビ東京の実況アナに一言、苦言を申し上げたい。

最終ホール18番、2位アメリカのエイミー・オルソンがグリーン上に1m強のパーパットを残し、首位渋野選手のティーショットはフェアウエーにあった。

 

この状況で彼は言った。

「まあ、ここはエイミー・オルソン、渋野二人ともにパーで上がるでしょうから、明日最終日を2打差で迎えることになりますね、村口さん」

 

これには聞いていて、思わず

「えっ?」。

 

さすがに村口さんも返事はしませんでした。

当然ですよね。

 

2位のエイミー・オルソンは1m強とは言え、今日はこの距離を外す選手が続出していました。

さらに渋野日向子選手は、まだ長いセカンドショットもパットも残した状況です。

 

しかも、18番は438ヤードとタフなパー4です。

一昔前の女子ならロングホールで十分通用した距離を持つ、このコース屈指の難ホール。

 

これで二人ともパーが確定したかのようなアナウンス。

ゴルフを知らないか、甘く見ている以外の何物でもありません。

 

案の定、渋野選手はセカンドをバンカーに入れて、ボギーを叩いてしまいました。

ゴルフに限らず真剣勝負のスポーツ中継では、このような安易な予測で実況するのはやめた方がいいと思います。

 

まあ、いろいろありましたが渋野日向子選手は、単独首位をキープして最終日を迎えることになりました。

 

昨年の全英女子オープンで見せた大舞台での勝負強さと度胸の良さ。

明日はきっと、その真価を発揮してくれることでしょう。

メジャー2勝目を期待しましょう!

 

ふと、窓をのぞくと国道5号線は雪で真っ白。

丁度、山を昇り切ったばかりの朝日を受けて、まばゆいほどの明るさ。

 

明日、渋野日向子選手がトロフィーを抱いて、満面に浮かべる笑みのような輝き。

あっ、安易な予想はダメでしたね。

 

失礼しました。

でも、やっぱりスマイリングシンデレラに明日もう一度会いたい。

 

渋野選手が2019年、全英女子オープンで優勝した時に使用したボール

 

それは『タイトリスト プロV1』です。

この全英女子オープンでは驚きのデータがあります。

何と、上位3名がタイトリストのプロV1を使用していたのですから、スゴイ

 

渋野選手のシューズはナイキです

ご存じのようにナイキのスポーツシューズは世界的大人気。

シンプルなロゴは今や世界中の誰もが知っているほど有名です。

 

渋野選手はこのナイキ製ゴルフシューズを履いて、全米女子オープンを戦っています。

優勝したら、『しぶこモデル』が発売されるかな?