スポンサーリンク

週刊パ―ゴルフのバックナンバーを購入せずに読む方法とは?

ゴルフ ゴルフと生活

ゴルファーの間で大人気の週刊パ―ゴルフ。

毎週提供される、新発売のゴルフボールやゴルフクラブなどの豪華プレゼントが話題です。

 

2011年10月18日(火)に発売された10年前のバックナンバーから読み放題になる方法もあります。

いつでもどこでも好きな時に読めるデジタル版が今、大好評。

 

バックナンバーが読み放題になるデジタル版と、送料無料で自宅に届く紙版をセットで購入すると、最大42%の割引になる方法をお伝えしましょう。

アンケート

女子が80%で男子の20%を圧倒しています。

あなたはこのアンケートがゴルフの何を対象に行われたものだと思いますか?

 

ヒントは下の写真にあります。

答えは後ほど!

スポンサーリンク

週刊パ―ゴルフ定期購読で豪華プレゼントとバックナンバー読み放題

渋野と松山

人気の『週刊パーゴルフ』を定期購読すると、とてもお得です。

定価460円を8%割引の423円で購入できるうえ、送料無料でご自宅や事務所に毎週自動的に届きます。

 

さらには電子書籍版が無料でついてくるのでうれしいですね。

この電子版はアマゾンや楽天KOBOで購入するには一冊365円かかります。

 

そして、電子版のとても便利で貴重なところは、バックナーバーが読み放題になっているところ。

2011年10月18日(火)に発売された10年前の号から自由に読めます。

 

『週刊パ―ゴルフ』をお得な定期購読することで、バックナンバーが無料で読み放題になるというオマケがついてくるのです。

 

ゴルフファンの方は『あの選手が5年前はどの程度の実力で、ツアーのどの位置にいたか』などを確認できます。

 

ゴルフの仕事に携わる人ならば垂涎の的ですね。

貴重な過去のデータを無料で入手できちゃうのですから。

 

パソコンやスマホからでも印刷もできる仕様になっているので、過去のデータを有効に使ってください。

 

詳しくはこちらから確認してください!


 

週刊パ―ゴルフは毎週誌上で発表される豪華プレゼントも話題です。

新発売のアイアンセット、評判のニューゴルフボール、話題のキャディーバッグなどが毎週10名に贈られます。

 

その他にはヘッドカバーやトートバックなどのゴルフグッズも人気あります。

プレゼントに応募するのを目的に毎週書店で買うファンもいるようですから、その豪華さと人気が分かろうというものです。

 

さて、先ほどのアンケートですが、2021年シーズンも世界各地で始まりましたが、『NEW2021年、日本人で海外メジャー優勝に近いのは男子? 女子?』
でした。

 

この記事を書いた段階ではアンケート開始早々で、投票してくれた方は41人と少数ですが、女子が80%と圧倒的に期待されているようです。

 

やはり、渋野日向子選手の全英女子オープン制覇と、昨年暮れの全米女子オープンでの活躍が大きく影響しているのでしょう。

 

週刊パーゴルフはメジャーを中心に海外ツアーの情報もいち早く伝えます。

今年は1年遅れの東京オリンピックも開催される予定。

 

せっかく男女ともにゴルフが正式種目になったのですから、是非とも開催できることを祈りたいと思います。

 

霞ヶ関カンツリー倶楽部はオリンピック開催に万全を期して、20億円かけた大改造も行いました。

出場をかけて選手たちのデットヒートは、もうしばらく続くでしょう。

 

パーゴルフは自国開催されるオリンピックでのゴルフ競技を伝えるため、着々と準備を進めているようです。

 

名門霞ヶ関カンツリー俱楽部の鮮やかな緑に潜む高度な戦略性と、その難コースで大活躍する日本選手の姿が目に浮かびます。

 

オリンピック代表選手についてはこちら!

 

霞ヶ関カンツリー俱楽部についてはこちら!

 

週刊パ―ゴルフはゴルフ好奇心 パーゴルフ。』 ~ゴルファーの全ての欲求を満たす週刊誌の枠を超えた新しいスタイル~がキャッチコピー。

 

・毎週豪華なメーカーやプロからのプレゼント情報満載

・事実に基づく「真実」

・Hotな「旬」の情報を満載

・オンラインメディア「ParOn.」パーオンとのWeb連動企画満載

・ゴルフ誌初の宮里藍が連載執筆中

 

レッスン、ギア、ファッション、ツアー、プロ、イベントなど、とどまることのないゴルファーの好奇心に応え続け、ワクワクとドキドキを提供しています。

 

発売日:毎週火曜日

定 格:460円(税込み)

 

これが、定期購入だと最大42%OFFになります。

送料無料。

 

詳しくはこちらから↓↓↓

こちらからも定期購読の申し込みができます!

週刊パ―ゴルフは1971年に隔週発行で創刊されました。
プロゴルファーによるレッスン、ゴルファーの情報などが中心の内容でした。

 

まもなく週刊誌となり、バブル当時やバブル崩壊直後はゴルフ場建設にまつわるスキャンダルを取り上げ、一時はかなり部数を伸ばしたものです。

 

学習研究社から発行されていましたが、2009年学研の組織改変に伴い株式会社パーゴルフ・プラスとして編集部ごと独立。

 

2011年4月にはテレビCM制作会社大手の葵プロモーション(現:AOI Pro.)に売却され、株式会社パーゴルフに社名変更。

 

当時、日本では注目されだしたばかりのFacebookに公式ページを開設し、葵プロモーションの持つ映像コンテンツを駆使し、ページ開設からわずか半年でファン数日本一の座を獲得して話題になったこともありました。

 

現在はグローバルゴルフメディアグループ株式会社から発行されている。

定期購入はこちら!

2021年、日本人で海外メジャー優勝に近いのは男子? 女子?

オーガスタナショナル

『2021年、日本人で海外メジャー優勝に近いのは男子? 女子?』

この問いに答えた女子派、男子派の声がパ―ゴルフに寄せられています。

 

それをざっくりまとめてみました。

女子は大いに期待する、男子は希望的観測で、が多いようです。

 

女子は2019年7月の全英女子オープンで勝っている。

2020年には全米女子オープンで渋野日向子がメジャー2勝目まであと一歩に迫りました。

 

一方、男子では松山英樹がプロ入り後初めてコーチをつけて21年のツアーに挑むことになりました。

そんな状況で海外メジャータイトルには近いのは男子か女子か?

 

《女子が勝つ派の意見》

間違いなく女子!

「渋野だけでなく選手層が厚いし、男子ほど海外選手との差はない」

 

女子の海外メジャーを見ていると、渋野日向子はもちろん畑岡奈紗など、メジャータイトルに手が届きそうな選手が複数いることはとても心強く、現実味があります。

 

実際に昨年の全米女子オープンでは9人の日本人選手が予選通過していますし、ドライバーの飛距離もアイアンの精度もアプローチの技術もそれほど海外の選手と差がない。

 

一方、男子に目を向けると、松山英樹以外はちょっと厳しいのが現状ですね。

ブライソン・デシャンボーやダスティン・ジョンソンは調子が良いときはプレーが異次元のレベルになる。

 

対して女子は世界のトップ選手でも異次元なほどに強いわけではない。

近年は若手選手が続々と海外ツアーに進出し、メンタル面でも心配なくなっている。

 

むしろ、渋野日向子と同世代の日本人選手は「私だって!」と思っているはずで、2021年シーズンは女子の誰かがメジャーで勝っても全く不思議はありません。

 

《男子が勝つ派の意見》

「コーチをつけた松山英樹に大いに期待! オーガスタとの相性は抜群だから十分勝負になる」

これはベテランプロの意見です。

 

期待も込めて男子です!との声が多いですね。

松山英樹は7年連続でPGAツアーの最終戦『ツアー選手権』に出場しています。

 

日本人選手で男女問わず、これほど長く米ツアーでトップ選手として活躍を続ける選手は、かつても現在も松山を置いて他にいません。

 

そして、2021年シーズンはプロ転向後、初めてコーチをつけることになりました。

これだけ長く、頑なにコーチを拒否していた松山がコーチ帯同に踏み切ったのは、何か新たなキッカケやヒントを見つけた可能性がとても高いと思います。

 

あのレベルの選手ですから、コーチはスイングの相談役という色合いが強いでしょう。

しかし、それだけでもコーチの存在意義は大きく、メンタル面でも好影響が期待できます。

 

もともと松山はオーガスタ・ナショナルとの相性が良いので、毎年そこを舞台に開催されるマスターズは優勝の可能性が十分あると思います。日の丸

メジャー制覇が期待できるのは、女子では渋野日向子の他に数人います。

男子は今のところ松山英樹一人が期待の対象。

 

さて、あなたはどのように考えるでしょうか。

『週刊パ―ゴルフ』定期購入はこちら!