スポンサーリンク

ゴルフ初心者が100を切るためにやるべき練習法の決定版とは?

女子ゴルファ ゴルフ レッスン

ゴルフ初心者の前に大きく立ちはだかるのが、スコア100の壁。

ハッキリしたデータは掴みにくいのですが、全ゴルファの70%以上の人が100を切れないと言われています。

 

女子に至っては100切りゴルファは10%に満たないと推測できます。

ゴルフスィングやコースマネジメントはかくも難しい?

100の壁

いやいや、実はそんなに難しくはありません。

正しいスイング軌道が身につけば、あなたのゴルフは一気に上達します。

 

そのために必要な基本を覚えましょう。

基本に沿ったスイング軌道でショットを打てば、100はいつでも切れます。

 

コンスタントに100を切れると、今まで見えなかったものが見えるから不思議。

あなたは是非、それを見てください。

 

そうなると、あなたのゴルフ人生は今の100倍楽しくなります。

100切りゴルフへ、さあティアップ!

スポンサーリンク

ゴルフレッスン・100をコンスタントに切る、正しいスイング軌道

女子ゴルファー

ゴルフのスコアを常に100以内に収めるためには、正しいスイング軌道を覚えることが必要不可欠です。

 

我流や間違ったスイング軌道では、たまに100を切れても次は110を叩くなどスコアは安定しません。

多くのゴルファが安定したスコアを出せないのは、スイングに対する勘違いが主な原因です。

 

正しいスイング軌道とはズバリ『クラブヘッドの軌道をインサイドアウトに振り抜く』ことです。

 

もっと細かく言えば、クラブヘッドの動きは『インサイドアウト・イン』が正確です。

インサイドからクラブヘッドが出てきて、インパクトでボールをとらえた後はインサイドに戻る。

 

しかし、人間の体の構造上、インサイドからクラブヘッドが降りてくれば黙っていても、インパクト後のフィニッシュはインサイドに収まります。

 

では、インサイドアウト軌道でクラブを振っていくにはどうするべきか?

答えはいたってシンプルです。

 

正しいバックスイングを取ることがすべて、と言っても過言ではないほどにゴルフスイングでは、バックスイングが大切です。

 

多くのアマチュアゴルファはインパクトばかりに気を取られて、肝心要のバックスイングをおろそかにしています。

 

インパクトにとらわれ過ぎるとボールに当てに行き、小手先で合わせるスイングになってしまうのでミスを連発。

 

スィングになっていないから遠心力も働かず、クラブヘッドの重みも活かされず、ショットは力なく空中で小さな弧を描き、ポトリと地面に落ちてしまいますね。

 

小さな弧を描いてポトリと落ちるだけなら、まだましでしょう。

多くの場合は、ドライバーであれば大きく右に曲がりOBゾーンヘ。

 

アイアンであれば、ひっかけ、ダフリ、トップ、スライスなど何でもござれ状態になります。

ゴルフボールはスィングで飛ばすのが正しいのです。

 

振るのであって、打つのではありません。

Swing:スイング/振るは、Hit:ヒット/打つ、とは違います。

 

ゴルフはスイングでボールを飛ばすスポーツ。

スイングの途中にヒットがあるだけです。

 

バックスイングが正しければトップも正しい位置に決まります。

トップの位置が正しければクラブヘッドはインサイドから降りてきて、ボールを正しくヒットします。

正しいバックスイングには正しいアドレスと正しいグリップが欠かせません。

まずは、正しいアドレスで立ち、正しいグリップを覚えましょう。

 

上にある二枚の写真を見て下さい。

向かって左の写真、右肩がやや下がっている方がスクエアなアドレスです。

 

グリップで左手が上に来て、右手は下にあるのですから、右肩がやや下がるのが当たり前なのです。

ムリに肩の線を地面と平行にしようとする必要はありません。

 

写真を見て正しいアドレスのイメージをしっかりと頭に焼き付けましょう。

正面と横からのイメージも覚えてください。

 

グリップはとても重要です。

クラブヘッドがボールにどのように当たるのかは、グリップによって決まります。

 

初心者のうち、あるいは90を切るまでは絶対にウイークグリップはやめましょう。

写真のように必ずストロンググリップかスクエアグリップにしてください。

写真が理想的なスクエアグリップですが、横からだけでは少しわかりにくいと思います。

まず、写真でグリップに対して両手の合わせ方を覚えましょう。

グリップ

左手はこのように合わせます。

グリップ部分の下は人差し指、中指で握り、グリップの上部分には親指を置きます。

 

親指の置き方をよく見てください。

薬指と中指は力を入れて握らず、アドレスの時点では遊んでいる状態にしてください。

 

女子ゴルファのスイング

右手はこのように添えてください。

親指と人差し指で作るVの字をよく見てください。

 

写真左がストロンググリップで、Vの字が右肩の端しを指しています。

写真右がスクエアグリップでVの字は右肩中間を指します。

グリップ

両手はこのような形になっています。

これをシャフトの上で重ねると正しいグリップになります。

 

ストロンググリップは基本的にはフックやドローボールを打つ握り方です。

スクエアグリップはストレートボールを打つための握りとなります。

 

ウイークグリップもあり、これはフェードボールを打つグリップですが、初心者のうちはフェードの親玉スライスが出がちですから、これは覚える必要はありません。

 

ゴルフの重要な基本中の基本がグリップとアドレスです。

正しいグリップとアドレスなしにはゴルフの上達は望めません。

 

クラブを振る前にまずは、きちんとしたクラブの握り方と立ち方を覚えてください。

これを身に付けると、正しいバックスイングがとれるようになります。

 

インサイドアウトの正しいスイングは、こちらのレッスン書ですぐに身に付きます。

ゴルフレッスン・正しいバックスイングとは?

バックスイング

正しいバックスイングはアドレスの前傾姿勢を保ったまま、上半身をねじる

背中を打っていく目標方向に向ける意識でねじるのが本当のバックスイング。

 

バックスイングで肩を回せ、と教える人が多いけれどこれは最悪のアドバイス。

構造上、人間の肩は回りません。

 

身体の構造に逆らって、無理に肩を回そうとすれば様々な弊害が出ます。

左肩が落ちてクラブヘッドが外側に上がり、アウトサイドインのスイング軌道になるのが、最も大きな弊害です。

 

これだと、いわゆるカット打ちになりドライバーだとまともに当たるほど、大スライスになり右へ大きく曲がります。

 

ダフリ、チョロ、トップ、ヒッカケなどミスショトを多発する原因もこれ。

理想のスイングとは真反対になりますが、初心者はこの間違いが多いのに気が付きません。

 

何年やっても100をコンスタントに切れない理由も、多くはアウトサイドインの軌道で打つからなのです。

下の写真をご覧ください。

×の付いた女子は肩を回そうとするあまり身体が捻転せず、右肩が落ちた状態になっています。

頭の傾く様子が、それをよく物語っています。

 

一方、がついた写真の男性は、しっかりと上半身が捻転していて、背中の縞模様まで見えます。

これが正しいバックスイングの形です。

 

これで体重はしっかりと右足に乗り、ダウンスイングへの切り替えがスムースに運びます。

回すのではなく、上半身をねじる、これを忘れないでください。

 

インサイドアウト軌道のスイングができるようになると、ボールはストレートか軽いドローになります。

したがって、飛距離は大幅に伸び、アイアンは番手通りしっかりと強いボールを打てるのです。

 

スクエアなアドレスにスクエアグリップ、そして打っていく方向に背を向ける意識で上半身んを捻転させる。

 

ここで大事なのは、あくまで目標に背中を向ける意識を持つこと。

目標と背中が正対する必要はありません。

 

右脚太もも内側に負担を感じたところがトップです。

それ以上は無理にねじる必要はありません。

 

クラブヘッドは身体がねじれるにしたがって、自然に上がります。

この時、インサイドに引くとか真っすぐ引くとか、余計な意識はしなくても大丈夫です。

 

一連の流れに任せるとヘッドはきれいにインサイドへ上がっていきます。

右ひじは体の構造上、一定の高さになると自然に折れます。

 

脳裏と体に焼き付くまで、ゆっくりとこの動作を繰り返してください。

練習場へ行ってもボールを打つ前に必ず10回は、この動作を確認しましょう。

 

家庭にいても椅子に座った状態でこの動作はできます。

むしろ、椅子に座った状態で上半身だけをひねる動きが、本当のバックスイングです。

 

この動作が身につくとインサイドアウトの軌道でスイングできるようになり、何度かラウンドを重ねるといつの間にか100は切れます。

 

インサイドアウトのスイングを学ぶのに最も適した教材を紹介します。

『吉本理論ソフトドロー打法の基礎』はこちら!

 

毎日15分ほどこの動作で素振りを繰り返すと、おそらく3ヵ月以内で100は切るでしょう。

上体をねじるバックスイングを覚えてだけで、90を切るところまでは上達します。

 

その先にあなたを待つのはシングルへの道です。

 

1ヶ月で100を切りたければ、ダウンロード式のレッスン書を読んで下さい。こちらからどうぞ!