スポンサーリンク

ライザップのゴルフレッスンがダメな理由は?92%が2ヶ月で100を切るのに

ゴルフ レッスン

ゴルフは100を切ると面白くなります。

たった一つの違いなのに99100では、天と地ほどの落差を感じるのがゴルフです。

 

あなたは100を切れますか?

切りたいと思いますか?

 

ここに驚異的な数字があります。

レッスンを受けた人の、何と92%がわずか2ヶ月で100切ってしまう

 

そんなゴルフレッスンがあったら、絶対に受けたいとあなたは思いませんか?

『2ヶ月で92%が100を切る』。

 

広告にその表現が解禁になったというから、もう自信たっぷりです。

RIZAP GOLFを探ってみましょう。

スポンサーリンク
アドセンスディスプレイ広告

2ヶ月あれば次のコンペでみんなをアッ、と言わせることができる

 

初ランドで後半のハーフを39で回った知人がいました。

私の初ラウンドは130以上で、アウト・インともに65以上だった記憶があります。

 

どのくらいの猛練習を積んだのかはわかりませんが、初ラウンド39は凄いとしか言いようがありません。

 

相当数のゴルファーを知っていますが、そんな快挙をやってのけたのは、後にも先にも彼一人です。

 

これがしかし、彼と私のオフィシャルハンデが4年後には逆転しちゃいました。

私の最高ハンディが11で、ハーフ39の彼は最もいい時で14くらいでした。

 

まあ、知らない人から見たら50歩100歩なのですが、デビュー戦の互いのスコアを知る人なら、首をかしげたくなるのではないでしょうか。

 

スコアやハンディキャップが逆転した大きな理由は、自己流を矯正できたかどうかです。

私はたった2回だけ行ったプロのレッスンで、頭上からのカメラで写した自分のフォームを見せられ、欠点のオーバースイングを直すことができました。

 

初ラウンド39で回った天才君は最後まで自己流で通したため、自分の欠点が直らず伸び悩んだままだったのです。

 

プロの目は素人とはやはり違います。

オーバースイングを指摘してもこちらが真剣に聞き入れないので、頭上のカメラ映像を見せたのです。

 

肩が下がって、グニャッとなった自分の撫格好を見たら、これはもう必死で直しましたよ。

ダフリ、トップが全くと言っていいほどなくなり、アイアンがライ角度通りに飛ぶようになったのです。

 

こうなるとラウンドはもちろん、練習も楽しくなります。

ほんのわずかの気付きで、ゴルフは見違えるように変わるもの。

 

あなたも100を切り、早くハンディキャップ18になりたかったら、まともなプロに教えてもらうのが最も早道でしょう。

 

レッスンプロはゴルフを知っているだけではだめです。

あなたの体格、体の特徴、スイングの癖をすぐに見極められなければ一流ではありません。

 

オーソドックスとかスクエアの表現は、ゴルフスイングでよく耳にする言葉です。

だが、プロゴルファーはスクエアに構えながら、一人ひとり皆、スイングは違います。

 

それは体格、体力など身体の特徴に違いがあるからです。

自分にあったスイングを教えられないプロに教わったのでは、時間とお金の無駄です。

 

私が頭上のカメラで目覚めたように、ハイテクも欠かせません。

今は私が習った30年前と違って、相当に機器類は高性能になっています。

それを有効に利用しない手はありません。

 

短期間で上達するためには練習環境がとても大事です。

マンツーマンで、しかも優秀なトレーナに教わることが必須条件。

 

高性能な機器によるデータ分析は不可欠です。

レッスンに集中できる快適な個室があれば最高です。

 

忙しいあなたには、時間の自由も欲しいですね。

急に空いた時間でも予約ができるような柔軟性があれば文句なし。

その場合、駅から近いことも条件になります。

 

このようなあなたにぴったりの環境がそろっているのは、ずばりRIZAP GOLFだけです。

『結果にコミットする』はダテではありませんし、トレーナー、設備、環境の凄味が違います。

 

92%が2ヶ月で100を切れるのですから。

2ヶ月なら、次のコンペでみんなをアッと言わせるには余裕です。

 

100を早く切って満足度92%の仲間入りしてください。

アイアンが番手通りに飛ぶようになるとゴルフは本当に楽しいですよ。

 

はっきり言って、100以上打っている間は、7番と5番アイアンの距離があまり変わらない。

当たり具合によっては、7番アイアンのほうが飛ぶ場合もあります。

 

それが全く変わるのです。

7番アイアンが150ヤードなら、5番アイアンは170ヤードは飛びます。

 

そうすると6番アイアンが当然必要で、重要な役割を果たすのです。

想像してみてください、パー4のセカンドやや上りの155ヤードを6番アイアンで見事ツーオン。

 

思い浮かべてください、ロングホールの二打目をスプーンで打って、グリーン間近の花道へドッスン。

三打目をウエッジで寄せて、楽々バーディ。

 

日本のアマチュアゴルファー80%は90を切ったことがない。

はっきりしたデータはありませんが、日本ではずっとそう言われています。

 

100を早く切ってください。

次はゴルファーの20%以内に入る90切りです。

 

100以内で回るようになると目標も楽しみも、どんどん膨らむのがゴルフというスポーツです。

累計会員15,000人を突破し、お客様の満足度があらゆる分野で90%を超えるRIZAP

 

105から110くらいで回っていた人なら、いきなり90切りも十分あるのがライザップゴルフです。

 

こちらからまずは、電話で診断予約をどうぞ!
ライザップゴルフ